★医学部の大学受験ではずしたくない参考書選びと勉強法!!★

医学部の大学受験の際に合格を勝ち取るためにはずしたくないのは参考書選びと勉強法です。参考書選びでは医学部に合格した先輩達のブログなどを見ると参考書の数ではなく自分がしっかりと何度も繰り返して知識定着のできる分量を見極めることが重要ということがわかります、また医学部予備校が使用しているテキストを中心に学習している受験生も多く目標とする医学部の偏差値によって集中して利用できる参考書を選んでいます。結果参考書は数ではなく質なので参考書を選ぶ際には手を広げ過ぎずピンポイントで選定する方が良いでしょう。また医学部に合格するための必勝勉強法ですが基礎的な勉強はなるべく早く終わらせて自分の志望する大学が国立の医学部なのか私立の医学部なのかで医学部予備校の専門コースなので対策を取る勉強法が効率的です。特に私立の医学部の試験は過去問から出題傾向を読みやすい試験となっているため、志望する医学部の過去問3年間分を何度も繰り返し解くことによってかなりの対策が可能となっています。上記のように医学部の大学受験において参考書選びと勉強法は極めて大事になってくるので受験勉強を始める前にある程度情報を集めておきましょう!

医学部大学受験はコチラ

URL:xn--ekr0n39kyrcba0033fron.com

英語が苦手なド理系な受験生でも合格を目指せる医学部があるのか?

英語が苦手で理系に進んだ受験生も少なくないと思います。
しかし、医学部大学受験では英語は入試必須科目で逃げることはできません。
それでも英語が苦手受験生でも医学部合格を実現するための方法はあるのでしょうか。
一番、合格の可能性が高いのは英語の配点比率が低い医学部を選ぶことです。
数は少ないですが、全国には医学部大学受験で英語の配点比率が低い大学があります。
では、どんな医学部が英語を苦手とするド理系な受験生におすすめなのか見ていきましょう。

英語の配点比率が低い国公立大学医学部

大阪市立大学

英語 国語 数学 理科 社会
100 100 200 200 50

島根大学医学部は、共通テストで英語の配点比率が最も低いことで有名ですが、国語の配点が高く、さらに二次試験で英語の配点比率が非常に高いため、英語が苦手なド理系な受験生には決しておすすめとは言えません。
いっぽう、大阪市立大学医学部の場合は、共通テストで理科と数学の配点が最も高く、理系向けの配点比率。
二次試験の試験科目には英語がありますが、数学や理科よりも低く、島根大学よりも現実的です。

山梨大学

英語 国語 数学 理科 社会
600 200 100 200 100

山梨大学は、共通テストの基礎レベルであれば英語でも点数が取れる受験生向きの医学部です。
共通テストの英語は配点比率が非常に高いですが、二次試験で英語がありません
したがって、共通テストで何とか得点が取れれば合格が十分狙うことが可能です。
ただし、山梨大学は医学部大学受験で唯一後期日程だけを実施しています。
関東圏に近い立地も相まって、前期で東大・医科歯科・千葉などの上位医学部で不合格だった受験生が集まるので、難易度が非常に高いのが懸念材料となります。

英語の配点比率が低い私立大学医学部

聖マリアンナ医科大学

英語 数学 理科 面接 小論文
100 100 200 150 50

聖マリアンナ医科大学は、英語の配点比率が低く、理科の配点が最も高いので、理系受験生にとっては得点を伸ばしやすい医学部の1つ。
小論文の配点も小さいので、英語や国語などが苦手受験生にとっては魅力的な私立大学医学部ではないのでしょうか。
ただし、面接試験が理科に次いで高い配点となっているため、面接対策は怠れません。

久留米大学

英語 数学 理科 面接 小論文
100 100 200 50 50

聖マリアンナ医科大学は面接の配点が高いのが心配だという理系受験生におすすめなのが久留米大学。
面接・小論文が50点と配点割合が低く、英語も聖マリアンナ医科大学と同じ100点。
したがって、英語と面接が苦手受験生にとって久留米大学は合格のチャンスが高くなるかもしれません。