医学部を受験される人の情報収集は今やインターネットが主流になっています。しかし医学部の受験や基本的な医師という職業に関するまとめサイトというものは意外とありません。

ここでは医学部受験や医師のことについての情報がきちんとまとめられているサイトをご紹介します。まず医師の職業的な魅力はやはり収入が高いことでしょう、厚生労働省のデータ(平成24年)によると医師の平均年収は1144万円と非常に高いものとなっています、これは全国の医学部の学費(国立・私立を含む)の平均が約3000万円前後という事から考えても十分な収入と言えるでしょう。

また、医学部に合格し医師の国家資格を受ける人の合格率は8割ほどだそうですので医学部に合格さえすれば(その後もきちんと勉強する前提です)高収入も夢ではありません。医学部に合格した先輩達に話を聞いてみると医学部に合格するには情報収集がとても大事になってくるという話をよく聞きます。医学部を受験するにあたって注意する点や対策、基礎知識、スキル、受験の流れなどをしっかり熟知しておく必要があります、また医学部に合格した人のほとんどが医学部予備校を利用しているので医学部予備校の情報もしっかりと把握しておくことが合格の鍵となってきます。

★医学部新設校2校を比較!特色ある医学教育と魅力的な学費で他大学と差別化!★

2016年に東北医科薬科大学医学部医学科が誕生し、2017年4月には国際医療福祉大学医学部医学科が開学するなど医学部新設が相次ぎました。ただでさえ医学部志願者増加によって競争が激化していたので、2学部の誕生は非常に好影響となります。しかも、新設医学部はまずは6年後の医師国家試験で好成績を残しアピールする必要があるため優秀な学生を欲します。つまり、年齢よりも学力重視の傾向があるので再受験生にもおすすめの医学部になるわけです。特に今回新たに誕生した医学部は他学部と一線を画す独自性をもった医学教育を提供することで注目されています。東北医科薬科大学は、東日本大震災の機に誕生した大学だけあって災害医療に力を入れています。また、東北地方の医師不足解消を目的とした地域医療重視の姿勢も大いに反映されている大学です。いっぽう、国際医療福祉大学は国際空港がある成田にキャンパスを設置するなど、国際色を前面に出した医学教育を提供しています。東南アジアからの留学生を積極的に受け入れると同時に教授も外国人を招聘するなど英語で医学を学ぶ環境を整えています。また、臨床実習は海外の医学部や医療機関で体験することを義務付けていることでも注目されています。さらに、両大学は私立医学部でありながら奨学金の充実させることで経済的負担を抑えています。東北医科薬科大学は卒業後に東北地域で医師として働くことを条件に3000万円程度の奨学金を支給しています。東北医科薬科大学の学費は6年間で3400万円なので国立大学並みの学費負担で済ませることができます。いっぽう、国際医療福祉大学の学費は6年間総額が1850万円と私立大学医学部で最安値を実現させています。しかも成績優秀者には1140万円が最高で支給されるので、実質700万円程度で学ぶことが可能です。私立大学医学部と言えば学費が高いイメージがありましたが、新設医学部においてはそのイメージを払拭させています。国公立しか目指せなかった優秀な受験生が両校に流れ発展していくことが期待されています。

★私立医学部の目的別おすすめ大学はこれだ!★

偏差値60以上の超難関入試を合格する必要がある医学部では、多浪挙句の果てにはドロップアウトという最悪のシナリオを迎える人もいます。少しでも短期合格および医学部合格を現実的なものにするためには、私立大学医学部を目指すのが一番です。私立大学医学部であれば、国公立のようにセンター試験を受験しなくて済むので文系科目の対策が不要です。最初から英・数・理に特化して対策できるため、集中して学習すれば学力アップが期待でき医学部合格を勝ち取れる可能性があります。しかも私立なら併願受験が可能なので、複数校受験すればそれだけ合格のチャンスも巡ってきます。そんな私立大学医学部をここでは目的別に紹介していきたいと思います。まず、学力あっても経済的に私立は厳しいという人は、学費負担が軽減される医学部を選ぶと良いでしょう。筆頭は自治医科大学であり、卒業後に指定の地域で医師として一定期間働けば学費は全額無料となります。つまり、国公立よりもお得になります。ただし、卒業後の自由が制限されるのは嫌だという人は、医学部の特待生を目指す方法があります。国際医療福祉大学医学部では、成績上位合格者に該当すれば学費は実質710万円にまで抑えることができます。国公立の2倍の学費が発生しますが、それでも他の私立に比べれば破格の安さとなります。次に年齢に寛容な医学部を目指したい再受験なら帝京大学医学部がおすすめです。以前は杏林大学や藤田保健なども人気でしたが、近年は年齢に寛容ではなくなりつつある傾向があります。対して帝京大学は依然として学力勝負のスタンスを維持しており、学力が高い受験生を年齢に関係なく採ってくれる再受験生にはありがたい大学です。一般入試も3日連続で実施して、全て受験することも可能なので、1日失敗したとしても次で挽回できるチャンスがあります。ただし、学費は高く、進級判定も厳しいという噂です。進級判定についてですが、医学部の場合、他学部に比べて留年する人が多いです。これは、人の命を預かるという責任重大な職業であるため、学ぶ知識やスキルが高度だと言うこともあります。しかし、国家試験で高い合格率を見せたいという思惑も大学側にあります。というのも毎年医師国家試験の合格率は全医学部で公表されます。合格率が悪いとイメージ低下につながるうえ、合格率上位に該当すれば世間にアピールすることが可能となります。したがって、多くの学生が医師国家試験に合格できるよう進級判定を厳しくしている大学があるということです。ちなみに進級率が非常に高いのは順天堂大学です。サポート体制が充実しており、毎年留年する学生がほとんどいないのが特徴です。以上のように、医学部によってそれぞれカラーが異なってくるので志望校選択の場合は偏差値だけに捉われないよう注意しましょう。

医学部再受験をする人は近年の不景気や終身雇用の崩壊で安定した地位と収入を求めて増加傾向にあります。では医学部再受験で合格を目指すなら国立の医学部と私立の医学部ではどちらがよいのでしょうか。一般的には学費の問題から国立の医学部を目指す受験生が多く見られます、国立で再受験生に人気の大学の条件としては面接試験のないことです。面接試験がない場合は学力での試験のみなので面接対策を行わなくてよい分勉強に集中ができることがメリットとなります。その他の人気の条件としては理科三科目を課していない大学です。理科三科目を全て勉強するとなるとかなりの時間を掛ける必要があるため、その医学部を避け、少ない科目数で効率的に勉強する方が合格に近づくと考えられているためです。これに対して私立の医学部では国立と比較しても科目数が少ないため最初から集中して勉強に励むことができます。また私立は出題傾向がかなりはっきりとしているので志望する大学の過去問の過去3年間を集中的にこなせば出題傾向も身に付いてくるので対策が打ちやすいという利点もあります、また気になる学費の面ですが私立の医学部は奨学金制度や貸与制度が充実しているので経済的負担も緩和できます。その他私立の大学では国立ほどに年齢によるハードルが高くないと言われています。上記の情報から医学部を再受験する場合は私立の大学の方がおすすめとなっています。しかし、各大学によって条件等がことなりますので志望する大学を決める際にはしっかりと情報を集めましょう!

★他学部入学で未練あり?医学部再受験生が増加中★

医学部入試は非常に難易度が高いため合格するのは至難の業となっています。そのため、受験の際は浪人回避のために他学部を併願する受験生も少なくありません。しかし、他学部に進学したとしてもそれは第一希望ではなくやはり医学部に未練を持っている学生が大勢いるようです。大手予備校である駿台予備校の調査によると、2013年の再受験生は38000人と9年前の600人に比べて急上昇しています。以前ほど大学入試の難易度は高くなく、選ばなければどこかの大学へ進学できる大学全入時代となっているからこそ、安易に他学部に進学して後から後悔する人が多いようです。また、両親の意見を尊重する受験生が多く、自分が希望する進路と別の方向に進んでいることも途中で大学に入り直す要因になっています。駿台予備校の調査は医学部だけでなく全ての学部が含まれていますが、医学部再受験生も確実に増えていることが分かります。また、不透明な景気動向から他学部だけでなく社会人で医学部再受験を目指す人が増えており、幅広い世代が医学部を目指している状況です。現役志向や最低2浪までとする若い世代の受験生を好む大学が増えてはいますが、医学部は年齢に寛容な大学もまだまだ沢山あるので再受験で合格することは決して不可能なことではありません。ただし、1年で早く取り組むほうが志望校の選択肢も拡がるので悩むくらいならまずは挑戦してみてはいかがでしょうか。もちろん、従来の生活にまた戻ってこれるよう学業や仕事は辞めずに両立しながら始めてみることをおすすめします。というのも一度他大学や仕事を辞めて医学部再受験に集中することは勉強時間を圧倒的に確保できて合格できるチャンスも高まりますが、受験に失敗した際の残りの人生が非常に困難になるリスクも高くなってしまうからです。医学部再受験を志した時のモチベーションがどれだけ継続し、また受験勉強がどれだけこなせるかをまずは試してみると良いでしょう。手ごたえを感じた時点で初めて医学部再受験に専念するという選択したほうがリスクヘッジとしておすすめです。

個別指導塾は、定期テストや学校授業対策の性格が強かったのが特徴的ですが、最近では進学実績の高い教室も増加しています。むしろ、志望校合格を目指すのであれば個別指導塾のほうが、効率が良い場合もあります。もちろん教室によって指導スタイルや実績は様々ですが、ここでは個別指導塾のメリットを紹介していきたいと思います。まず、個別指導塾はなんといっても講師との距離が近いことです。マンツーマン指導、あるいは講師1人に対して生徒2人など、生徒の理解度はもちろんのこと、性格や個性まで把握することが可能なので、生徒一人ひとりに合った指導方法を採用することが可能です。さらに、講師と生徒との相性を重要視している個別指導塾も多く、いつでも講師が変更できるため、自分に合った講師から指導を受けることが可能です。カリキュラムも個別指導塾であれば、自分だけのカリキュラムを組むことができるため、弱点分野を手厚く、そして得意科目は更なる飛躍を目指した学習内容に設計することが可能です。特に志望校によって出題傾向が異なってくる受験においては、合格最短ルートに向けたカリキュラムを編成できる個別指導塾は力を発揮してきます。以前は、個別指導塾は大学生のアルバイトが指導することが一般的であったため質のバラつきが顕著でした。しかし、最近では充実した研修プログラムを導入して質の向上に努めていたり、人件費をかけてプロ講師陣を揃えたりと、集団学習塾にも負けないハイレベルな指導を提供している個別指導塾が増加しています。個別指導塾では、無料体験授業が実施している教室が多いので、まずは自分で実際の指導を確認してみることをおすすめします。

医学部の大学受験の際に合格を勝ち取るためにはずしたくないのは参考書選びと勉強法です。参考書選びでは医学部に合格した先輩達のブログなどを見ると参考書の数ではなく自分がしっかりと何度も繰り返して知識定着のできる分量を見極めることが重要ということがわかります、また医学部予備校が使用しているテキストを中心に学習している受験生も多く目標とする医学部の偏差値によって集中して利用できる参考書を選んでいます。結果参考書は数ではなく質なので参考書を選ぶ際には手を広げ過ぎずピンポイントで選定する方が良いでしょう。また医学部に合格するための必勝勉強法ですが基礎的な勉強はなるべく早く終わらせて自分の志望する大学が国立の医学部なのか私立の医学部なのかで医学部予備校の専門コースなので対策を取る勉強法が効率的です。特に私立の医学部の試験は過去問から出題傾向を読みやすい試験となっているため、志望する医学部の過去問3年間分を何度も繰り返し解くことによってかなりの対策が可能となっています。上記のように医学部の大学受験において参考書選びと勉強法は極めて大事になってくるので受験勉強を始める前にある程度情報を集めておきましょう!

医学部大学受験はコチラ

URL:xn--ekr0n39kyrcba0033fron.com

英語が苦手なド理系な受験生でも合格を目指せる医学部があるのか?

英語が苦手で理系に進んだ受験生も少なくないと思います。
しかし、医学部大学受験では英語は入試必須科目で逃げることはできません。
それでも英語が苦手受験生でも医学部合格を実現するための方法はあるのでしょうか。
一番、合格の可能性が高いのは英語の配点比率が低い医学部を選ぶことです。
数は少ないですが、全国には医学部大学受験で英語の配点比率が低い大学があります。
では、どんな医学部が英語を苦手とするド理系な受験生におすすめなのか見ていきましょう。

英語の配点比率が低い国公立大学医学部

大阪市立大学

英語 国語 数学 理科 社会
100 100 200 200 50

島根大学医学部は、共通テストで英語の配点比率が最も低いことで有名ですが、国語の配点が高く、さらに二次試験で英語の配点比率が非常に高いため、英語が苦手なド理系な受験生には決しておすすめとは言えません。
いっぽう、大阪市立大学医学部の場合は、共通テストで理科と数学の配点が最も高く、理系向けの配点比率。
二次試験の試験科目には英語がありますが、数学や理科よりも低く、島根大学よりも現実的です。

山梨大学

英語 国語 数学 理科 社会
600 200 100 200 100

山梨大学は、共通テストの基礎レベルであれば英語でも点数が取れる受験生向きの医学部です。
共通テストの英語は配点比率が非常に高いですが、二次試験で英語がありません
したがって、共通テストで何とか得点が取れれば合格が十分狙うことが可能です。
ただし、山梨大学は医学部大学受験で唯一後期日程だけを実施しています。
関東圏に近い立地も相まって、前期で東大・医科歯科・千葉などの上位医学部で不合格だった受験生が集まるので、難易度が非常に高いのが懸念材料となります。

英語の配点比率が低い私立大学医学部

聖マリアンナ医科大学

英語 数学 理科 面接 小論文
100 100 200 150 50

聖マリアンナ医科大学は、英語の配点比率が低く、理科の配点が最も高いので、理系受験生にとっては得点を伸ばしやすい医学部の1つ。
小論文の配点も小さいので、英語や国語などが苦手受験生にとっては魅力的な私立大学医学部ではないのでしょうか。
ただし、面接試験が理科に次いで高い配点となっているため、面接対策は怠れません。

久留米大学

英語 数学 理科 面接 小論文
100 100 200 50 50

聖マリアンナ医科大学は面接の配点が高いのが心配だという理系受験生におすすめなのが久留米大学。
面接・小論文が50点と配点割合が低く、英語も聖マリアンナ医科大学と同じ100点。
したがって、英語と面接が苦手受験生にとって久留米大学は合格のチャンスが高くなるかもしれません。

公務員専門学校の需要が上がってきているのは景気が悪くなると人気が上がってくる職業である公務員を選ぶ学生が増えているからです。一言に公務員と言っても種類が様々で国家総合職、国家一般職(大卒程度と高卒程度)地方上級公務員、国税専門官、外務専門職員、防衛省専門職員、教員、警察官、消防官とかなり幅広いものとなっています。その中で公務員試験合格を目指すに当たりほとんどの人が通っているのが公務員専門学校です。公務員専門学校を利用するメリットとしては最新の改正論点や時事などの試験に出題される情報をリアルタイムで把握できるというところです。また公務員になるための専門カリキュラムを受けることにより効率的に勉強することができるというところでしょう。その他、各専門学校で体制が異なっておりDVDで受講できる予備校もありますし、全日制を採用しており朝から夕方まで集中して勉強できる予備校もあります。公務員専門学校を選ぶ際には自分の勉強スタイルに合った専門学校を選ぶことが合格に向けての必須条件となるでしょう。上記のように公務員試験突破のためには専門学校選びが重要になるため興味のある学校には一度資料請求をして無料セミナーや体験授業に参加して雰囲気や設備、学費等を比較してしっかりと吟味しましょう。